ブルームバーグの2018年の電気自動車の見通しによると、2017年の世界的な110万台から増加しており、2025年で1100万台に、その後内燃エンジン車より安価に製造可能となり2030年には3000万台に急増する。

EVの所有経験の1つの重要な側面は、車の室内での穏やかな経験です。内燃エンジン車の
大きな排気がなければ、タイヤによって発生する道路騒音(ロードノイズ)はより顕著になる。その結果、すべての大手タイヤメーカーは、「Noise Reduction Tires」と呼ばれる新しいジャンルのタイヤを開発しました。

これらのタイヤは、タイヤのインナーライナーに取り付けられた健全なΓ消音」材料の層を
追加することで室内騒音が3dBから9dbに減少し、車内での経験をさらに向上させるために開発されました。

TeslaなどのEVが急増しているため、これらの騒音低減タイヤの修理可能性に関する誤った情報がソーシャルメディアを通じて市場に浸透しています。

このような一部の熱心なTesla所有者のコミュニティビデオが、700万を超える再生回数を持ち、これらのタイヤは修理不可能であるという神話を永続させています。

80年以上前に適切かつ恒久的なタイヤ修理製品およびプロセスを開発したTECHは、これらの騒音低減タイヤのための専用かつ文書化された修理プロセスを開発しました。

他のタイヤと同様に、吸音材の取り外しと交換を必要とする追加の手順がありますが、騒音低減タイヤを修理することができます。

TECHの研究開発グループは、当社のグローバルタイヤ修理技術者トレーニングチームと協力して、タイヤ業界協会(TIA)などの団体を通じて、修理に関する適切な業界ガイドラインを確立するための修理プロセスの開発に協力してきました。

TECH大学を通じて、世界中のタイヤ技術者が教室でのトレーニングや実践的なトレーニングを受けています。これには、プロセスを文書化した「修理マニュアル」が含まれています。 TECHのノイズリダクションタイヤ修理プロセス、トレーニングマニュアル、または利用可能なコースの詳細については、training@techtirerepairs.com に電子メールをお願い致します。

TECHは再度、次世代のタイヤ関連の製品や修理プロセス開発する方法をリードしています。

タイヤ関連製品及びホイールソリューション技術のラインについての詳細はtechtirerepairs.com
をご覧ください。